未分類

オオサカ堂のピルの特性と特徴について

今回はオオサカ堂のピルに関しての話をして行こうと思います。 その皆さんオオサカ堂のピルに限らずピルというものについてどんなイメージがあるでしょうか? 副作用がとっても怖い気がするとか飲むことで不妊になるからなんか遊んでる人が使うようなお薬なんじゃないかピルを飲んだらコンドームを使わなくていいんじゃないかとかそんなイメージがある方もいらっしゃるんじゃないかなと思います。 このピルなんですがなんとなく強いっていうイメージが世の中にすごく広まっているような気がするんですけれども、よく理解して使用していた女性の生活を楽にしてくれるすごく役立つお薬だったりもしますので偏見とか後悔って購入するのが恥ずかしいという方の為にもオオサカ堂のピルの購入に関しても少しでも解消していくお手伝いができればと思って今回ピルに関して取り上げることにいたしました。 では、ピルとはそもそもどんなお薬なのか?どうしてピルを内服することで避妊になるのか?よく言われるの副作用ってどんなものなのか?最後にオオサカ堂のピルを使うことのメリットとデメリットも順番にお話をして行こうと思います。

こんな方におすすめ

  • ピルに余り良いイメージを持っていなく、遊び人が使っているというイメージを持っている方
  • ピルは単なる避妊薬と思っている方
  • ピルを飲むことで得られる効果と副作用についての知識が知りたい方
  • 購入したいと思うけどなかなか購入先が見つからなくて困っている方

オオサカ堂でも購入できるピルとはどんな薬なのか

では1つ目にピルというお薬がどういうお薬なのかという説明をしていきます。 まずピルと一口に言っても、ピルの種類というものはものすごくたくさんあります。例えばマーベロン・ファボワール・トリキュラー・シンフェーズ・ラベルフィーユ・アンジュ・ヤーズこれらの薬は全てピル呼ばれるお薬になっています。 マーベロン こちらからでも購入できます トリキュラー こちらからでもご購入できます タンシーワン こちらからでもご購入できます それで、これらのどんなお薬なのかっていうと、基本的には全ての薬が女性ホルモンを含んでいるお薬なります。 女性ホルモンというとエストロゲンやプロゲステロンとか名前があったりすます。これらのホルモンのそれぞれのちょっとしたランスっていうのがこの薬によって異なってきます。 そして、その女性ホルモンが含まれているいるピルという薬を、基本的には毎日1錠を決まった時間に内服していくというのがピルの服用の仕方になります。 このようにピルを飲み女性ホルモンを内服で摂取していくことで、避妊に繋がったり生理痛を軽くしてくれたり月経前症候群という(PMS)というものを軽減することに繋がってきたりします。 ピルというのは基本的には薬局で買うことは日本ではできなく、婦人科に行き、先生から処方してもらうお薬ということになります。基本的には生理が始まっていれば10代からでももちろん使うことができる薬にはなっています。 ピルを服用することで得られる効果には・・・

ココがポイント

・避妊の効果だけでなく女性ホルモンのバランスを保てる ・もちろん避妊にも繋がり、生理痛を軽減出来る ・月経前症候群(PMS)を軽減できる

ピルを内服することでどうして避妊になるのか

次にどうしてピルを飲むことで避妊になるのか?生理痛は軽くなるの?というお話になります。 まず内服することで体には3つの変化が起こります。1つ目は排卵が止まるということです。女性の体は毎月卵巣というところで卵子のもとになる細胞を育てて、だいたい月に1回排卵というものをしています。排卵があるから赤ちゃんの元である卵子と精子が卵管という場所で出会って受精卵になって妊娠をするっていうことができるんですね。 2番目の変化として起こるのは子宮内膜という子宮の内側の膜が分厚く育つのを防ぐというのものが2つ目のピルの効果です。 先ほど言った卵子と精子が合わさって赤ちゃんの卵になる受精卵になった。その卵は子宮の内側の膜子宮内膜というところに着床してその子宮の内膜に根を張って成長していくわけです。 けれども受精卵がくっつく子宮内膜というのは赤ちゃんが着床しやすいように分厚くフカフカに育っていく作用をピルというのは邪魔してくれるのでピルを内服することで着床しにくくするという作用があります。なのでその2つ目の作用も繋がり避妊に繋がるという事になります。 また、先ほど子宮内膜が分厚く育つと言いましたが、生理の時に出てくる出血や経血いうのは実はこの子宮内膜なんです。この子宮内膜が分厚く厚いほど生理の血が多くなり、生理痛もひどくなっていうわけなんです。生理痛が軽くなったり生理の日数が短くなったり月経血の量が減ったりという事に繋がるわけなんです。 3つ目の変化として、子宮頸部にある粘膜の性質を粘っこくしてくれます。 そうすることで、膣から入ってきた精子が膣の中までズンズン進んでいて卵官のところまでたどり着くプロセスをその粘膜が粘っこいお陰で邪魔をしてくれるという作用があります。 この以下の様なピルの作用によって避妊に繋がります。

ココがポイント

・排卵を止める ・子宮内膜を薄くする ・子宮頸部の粘膜の性状を変化させる

まとめ

ピルの副作用についてのお話をしようと思います。 例えば Yahoo とかで検索窓に入れるだけでも、ピル副作用ってすぐ出てくるくらい多くの人々には副作用があるらしいという情報があふれています。 それを使っていた時には頭痛や吐き気みたいな副作用がすごく頻繁に起きていたようです。ただその後おピルというのはすごく改良が進んでおりまして、今世の中に出回っているようなこの一覧に載っているようなピルと言うのは、低用量ピルという風に呼ばれておりまして、一粒あたりに含まれている女性ホルモンが本当に必要最低限の量で統制をされています。 なので今は副作用っていうのが起こる頻度は低くなっています。副作用はどんなものがあるのって言うと例えば頭痛や吐き気だるさとは不正出血ですねっていうものが割と頻繁に見られるのではないかなという風に思います。 ただこの服よ何で起きるのかというと先ほども言っている通りピルルの状態の中には女性ホルモンが入っています。なのでそれを毎日飲んで行くことで体の中のホルモンバランスが乱れていた症状が現れるんですが、このホルモンバランスがピルを飲むことでを2・3ヶ月内服を続けていくことでほとんどの方がバランスが整ってきて、副作用がなくなっていくという風に言われていますので、私としてはそこまで怖がらなくてもいいものなのではないかなという風に感じています。 もしくは先ほども言ったようにそれぞれに含まれているホルモンのバランスが少しずつ異なりますということをお伝えしました。ある一種類のピルを使っていてとても副作用がひどくつらかったという場合にまた別の種類のビルにお薬を変えると副作用がすっかりなくなったなんていうケースもよく聞きます。 なのでピルを内服したいなと考えている場合に副作用っていうのが現れて、もう諦めるしかないのかと思われる前にちょっと種類を変えることを先生に相談してみるのも一つの選択肢として覚えておいていただけたら良いかと思います。

-未分類

Copyright© KENBOOUの育毛記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.